取り扱いサービス

一覧へ戻る

提供元:株式会社松尾商店

Ekran on AWS|画面操作録画・証跡管理

ユーザーの画面操作を画像で録画・証跡管理するクラウドサービス

「Ekran on AWS(エクラン・オン・エーダブルエス)」はユーザーの画面操作を画像で録画・記録する証跡管理クラウドサービスです。ユーザーのPC画面操作、キーボードの入力内容、URL閲覧内容を取得し、視覚的に把握することが可能です。有事発生時の追跡、内部不正に対する抑止効果など、情報セキュリティ対策を強固に実現できます。

お申し込みはこちら

概要

ベースとなる「Ekran System(エクランシステム)」はユーザーのコンピュータ画面を録画&再生、また同時にキーボード入力情報を取得できる証跡管理システムです。
特権ID、管理者権限、アプリケーションやシステム構成に依存することなくすべての画面操作を漏らさず記録できます。
また、通常操作時のエビデンス取得としても利用することができます。
「Ekran on AWS」はAmazon Web Services上にデータを保存するEkranサーバを配置し、監視対象となるPC、サーバにEkran System クライアント(エージェント)をインストールするだけの数分の作業で、Ekran Systemの証跡管理機能を利用できます。
また、企業内PCだけの監視ではなく、社外のPCをリアルタイムに監視でき、テレワーク、業務委託先、外注先のリモートPCやデータセンターやクラウド上の仮想PCなど、監視対象範囲が大きく広がります。


Before/After

主な機能

  • ターミナルサーバー、ローカル、リモート、すべてのセッションの画面操作を動画で記録
  • Webベースの管理ツールは、インターネット経由でどこからでもアクセス可能
  • クライアントは、Windows、Windows Server、Linux、Citrixなどに対応
  • メタデータとして、URL、キーストローク(キーロガー機能)を合わせて記録
  • アプリケーション名、ウィンドウタイトル、キーストローク、URLなどでキーワード検索可能
  • ライブ機能でリアルタイムに操作画面を監視
  • アラート機能で不正操作を即座に検知
  • レポート機能によりアラートの発生状況やアプリケーション、URLのアクセス状況を分析
  • エクスポート機能により動画再生機能を組み込んだ実行ファイルを生成し、あらゆる環境で記録を再生

導入実例

  • 情報システム部門担当者の基幹サーバーへの操作管理
  • 社員へのセキュリティ意識向上 → 抑止効果として活用
  • テレワーク環境でのリモート監視 → 特定アラート設定、ログ収集
  • 特定キーワード設定によるアラート監視、PCトラブル時の作業履歴確認
  • Webアプリ環境下でのクライアントで発生したバグ確認用、エビデンス
  • 海外開発拠点のPC稼働状況監視、教育データ作成
  • 運用管理サービスでの作業内容レポートとして活用

料金

初期費用(1契約につき1度のみ発生) ¥150,000(税抜) 売り切り
Windows PC 月額費用
(1台あたり)
5~9台まで ¥5,000(税抜) 最低購入数:5台
10~99台 ¥3,000(税抜)  
100~299台 ¥1,500(税抜)  
300~499台 ¥1,000(税抜)  
500台以上 ¥900(税抜)  
Windows サーバー 月額費用
(1台あたり)
1~4台 ¥25,000(税抜) 最低購入数:1台
5~9台 ¥15,000(税抜)  
10~19台 ¥10,000(税抜)  
20~29台 ¥8,000(税抜)  
30台以上 ¥7,000(税抜)  
Linux サーバー 月額費用
(1台あたり)
1~4台 ¥25,000(税抜) 最低購入数:1台
5~9台 ¥15,000(税抜)  
10~19台 ¥10,000(税抜)  
20~29台 ¥8,000(税抜)  
30台以上 ¥7,000(税抜)  
SSL証明書(オプション) 初年度 ¥150,000(税抜)  

最低契約期間は課金後6ヵ月となります。

お申し込みはこちら

このページのトップへ