中期経営計画

ハイパーグループ中期経営計画
(2018年12月期〜2020年12月期)

2018年12月期から2020年12月期までの3ヵ年の中期経営計画を策定しましたのでご紹介します。



連結定量目標


中期計画グラフ

中期計画目標

経営理念「ユーザーニーズ実現企業」に基づき、
法人向けビジネスを事業領域のベースとしつつ、
新たな事業領域を開拓し企業規模を拡大していきます。

単位:百万円

 

2017年 実績

2018年 計画

2019年 計画

2020年 計画

売上高

22,268

24,400

27,000

28,500

営業利益

338

375

550

650


重点施策

ハイパーサービス&サポート

ITサービス事業の拡大と生産性の向上
  • 子会社を含めたセキュリティ製品の販売強化
  • クラウドなどストックビジネスの強化、収益の拡大
  • 営業エリア拡大によるアスクルエージェント事業の売上増加
  • 高付加価値サービスへの集中と生産性向上
  • 各事業のシナジー効果の最大化
新規事業の開発
  • 企業をトータルサポートする分野への事業展開
    顧客基盤を活かして企業向けにより広いサービスの提供

企業価値の向上
  • 事業戦略を実現するための手段として、M&Aを活用
  • 企業価値向上のため、将来、東証一部上場を目指す

重点施策|収益構造の変革

ストックビジネスを拡大、
収益の安定化を図ります

基本方針

重点施策|ITサービス事業

セキュリティ製品の販売を強化
2020年度売上高15億円を目指します

小規模企業向けセキュリティシステムの販売

Security System

子会社リステックによる施策

  • 販売会社の新規開拓、関係強化
  • 新製品の開発による販売チャネルの拡大
  • 商品認知度の向上
中規模〜大手企業向けセキュリティ製品の販売

App Guard®の販売

子会社セキュリティアによる施策

  • セキュリティに特化した営業活動を強化
  • 顧客の需要に応じた提案と導入支援
  • 市場ニーズを的確にとらえる商品の販売
  • セキュリティ関連商品の充実と拡販

重点施策|アスクルエージェント事業

営業エリアの拡大により
2020年度売上高110億円を目指します

営業エリアの拡大
  • 各拠点に専任営業を配置
  • 営業エリア拡大による顧客数の増加
  • 地の利を活かした営業活動の展開
    2017年3月 名古屋エリア 活動開始
           9月 福岡エリア  活動開始

ソロエルアリーナの拡大
  • 中小規模〜大手企業の新規開拓
  • 情報機器販売事業とのシナジー効果
    顧客満足度の向上

株主還元策

  • 安定した利益還元を実現のため、直近5年間の平均EPSを基準に連結配当性向35%を目安に配当を実施
  • 株主優待制度を新設
  • 企業価値を向上させ、株主利益の最大化を目指す
【配当予想】

 

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

5年平均EPS

48.00

51.97

51.72

50.55

53.90

1株配当額/年

18

18

18

18

18

配当性向

37.5%

34.6%

33.9%

35.6%

33.4%

【配当実績※実績】(過去の株式分割を考慮して表記しております。)

配当実績


関連資料


このページのトップへ