中期経営計画

ハイパーグループ中期経営計画
(2016年12月期〜2018年12月期)

2016年12月期から2018年12月期までの3ヵ年の中期経営計画を策定しましたのでご紹介します。



目指す姿


中期計画目標

中期計画グラフ

経営理念「ユーザーニーズ実現企業」に基づき、
法人向けビジネスを事業領域のベースとしつつ、
新たな事業領域を開拓し企業規模を拡大していきます。


単位:百万円

 

2015年 実績

2016年 計画

2017年 計画

2018年 計画

売上高

18,701

21,000

23,500

26,500

営業利益

364

320

490

660


基本方針


基本方針

重点施策


(1)既存事業の拡大と生産性の向上

・アスクルやクラウドを始めとするストックビジネスに注力し、収益の安定化を図る
・地方への拠点展開および拠点サービスの拡充
・子会社リステックの業容拡大
・アスクルエージェント事業への人員投資による売上の大幅拡大


マイナンバー対応製品のページ

(2)新規事業の開発

・広いサービスを提供し、トータル的に企業をサポートするような事業展開を目指す
・社会貢献を意識した、新しい事業領域への展開


(3)企業価値の向上

・当社の大胆な成長、事業戦略を実現するための手段として、M&Aを積極的に活用

・更なる企業価値向上の為、将来、東証一部上場を目指す

定量計画(重点2事業(重点分野))


定量計画(重点2事業)
情報機器販売事業
小規模企業向オールインワンサーバーの販売拡大
(子会社リステック)
2018年度売上高 10億円(2015年度売上比300%)



アスクルエージェント事業
人員投資による売上の大幅拡大
2018年度売上高 83億円(2015年度売上比148%)


定量計画グラフ



配当方針


  • 安定した利益還元を実現するため、直近5年間の平均EPSを基準に、
    連結配当性向35%を目安に配当を実施する。
  • 企業価値を向上させ、株主利益の最大化を目指す。

(参考)

 

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

5年平均EPS

46.89

48.45

51.19

58.87

67.12

1株配当額/年

16

17

18

21

23

配当性向

34.1%

35.1%

35.2%

35.7%

34.3%

※2016年1月1日に株式分割(1:2)を行っております。
2014年および2015年の1株配当額/年については、株式分割が行われたと仮定して表示しております。


関連資料


このページのトップへ